追い込むとは?

通常「追い込む」という用語は、
・ビジネスの場面では…締め切り等仕事のペースをあげること。これは学生の試験前のテスト勉強なんかにも使われますよね。
・演劇や舞台などでは…テストやリハーサルを繰り返し、演技を最良の状態にしていくことを言います。
この辺りの使い方は一般の方でも通常使われていると思うのですが、音響スタッフさんたちの間では、「追い込む」は少し違った使われ方をしています。
早速ご説明しますと、機器のセットアップの際、性能をぎりぎりまで引き出すように調整することを「追い込む」と言っています。
少し噛み砕くと実際には、スピーカーの置き場所を少し変えたりして、壁や床天井などからの反射音の干渉を整え、音を良くするようなことを言います。
本来はもっともっと専門的に機器も使いながら最終的には調整するのですが、上記のことをするだけで調整前後の音質変化は驚くほど大きいのです。
これらのことを総称して、「追い込む」と言います。