モバイルメニュー開お問い合わせ・お見積り
風船
お気軽にご相談ください!TEL:0120-961-073(受付時間 平日 9:00~18:00)土日・時間外はこちら080-3673-0417
 
日本全国のイベントにパフォーマーを派遣します!
イベントパートナーHOME業界用語大全 ≫ 会場に音響の確認をしていたら混信がどうとか言われました。どういうことですか?

業界用語大全

あなたはいくつ分かる!?業界用語大全

  • 上級
  • 音響

会場に音響の確認をしていたら混信がどうとか言われました。どういうことですか?

無線マイクを複数使用する際に、使用するチャンネル(周波数)をそれぞれのマイクごとに変える必要があります。
この周波数が重なって、不具合が出てしまうことを言います。

無線マイクを複数使用する際に、使用するチャンネル(周波数)をそれぞれのマイクごとに変える必要があります。

この周波数が重なって、不具合が出てしまう事を、混信といいます。

通常無線マイクはFMを使用します。FMラジオなどのFMです。

よくラジオでも、チャンネルが少しずれていても、ノイズ混じりで放送が聞こえたりする場合があるかと思います。

また、周波数が近い外国の放送が重なって聞こえたりすることも経験あるかと思いますが、そのイメージです。

そのため、複数の機器を使用する場合は、周波数をずらして使用するように、会場に元々ある無線機器の周波数を確認して、こちらで持ち込ませていただく機器のチャンネルを変える必要があります。

少し専門的な知識が必要ですので、直接会場の音響担当者と弊社で打ち合わせしますので、ご相談下さい。

関連のある業界用語

 
▲ページトップへ