モバイルメニュー開お問い合わせ・お見積り
風船
お気軽にご相談ください!TEL:0120-961-073(受付時間 平日 9:00~18:00)土日・時間外はこちら080-3673-0417
 
日本全国のイベントにパフォーマーを派遣します!
イベントパートナーHOME業界用語大全 ≫ そでって何のことでしょうか?

業界用語大全

あなたはいくつ分かる!?業界用語大全

  • 初級
  • 舞台

そでって何のことでしょうか?

舞台上で観客席から見えない舞台両側の奥の部分のことです。

そでとは?

舞台の下手側と上手側の観客席から見えない舞台両脇の奥の部分を示す言葉です。
演出を待つ役者が控えていたり、次の場面の準備などのため、舞台装置や照明器具、音響機器などが置かれるスペースとなります。
「舞台袖」を略して「袖」、あるいは「舞台のふところ」と言うこともあります。

ついでにご説明しますと、舞台の袖(両サイド)に吊ってある幕のことを「袖幕」「暗幕」と呼び、これを張って舞台の裏側を隠す目的で用いられます。
一般的には観客席側より舞台奥に行くほど裾の長さを長くして、客席から舞台の裏側が見えないようにします。
とくに客席前方の上手・下手のお客様からは、対角線上の袖中が見えやすくなっていますので、袖幕の調整は裏方スタッフの腕の見せ所というわけです。

そでの使用例

  • この小道具一旦そでにはけてください。
  • 役者さんたちの待機は舞台袖でお願いします。

そでは裏舞台、それでは表舞台は?

「そで」は舞台の見えない裏側を指す言葉でしたが・・・
舞台上の位置を示す用語として、ツラ・奥・心(しん)などがあります。
「ツラ」は客席寄りの一番前の端のこと。
「奥」は舞台の客席から遠い後ろの方のこと。
「心(しん)」は舞台の左右方向に対しての真ん中のことで、俗に言う「センター」のことになります。

関連のある業界用語

 
▲ページトップへ