モバイルメニュー開お問い合わせ・お見積り
風船
お気軽にご相談ください!TEL:0120-961-073(受付時間 平日 9:00~18:00)土日・時間外はこちら080-3673-0417
 
日本全国のイベントにパフォーマーを派遣します!
イベントパートナーHOME業界用語大全 ≫ オフレコって何のことでしょうか?

業界用語大全

あなたはいくつ分かる!?業界用語大全

  • 初級
  • ブッキング

オフレコって何のことでしょうか?

記録にとどめないことを言います。

オフレコとは?

オフレコとは元々報道機関で使われていたメディア用語(特に政治)で、記者会見やインタビューで語られた内容の一部を記録・公表しないという意味です。
「オフレコ」を条件にした発言を聞くことで、報道各社の記者は政治家から本音を聞き出していたのです。
つまり、その場にいる話をしている側と聞いている側で情報を共有することを条件としており、第三者に伝えないようにすることにあたります。
マスコミなどの業界でよく使用されるイメージですが、今ではビジネスシーンや日常生活など様々なシチュエーションで頻繁に使われています。
簡単に言えば、「非公式」「ここだけの話」「内緒の話」「秘密」などとなります。
「オフレコ」には「完オフ」と「匿名報道」があります。
「完オフ」は名前と発言内容すべてを非公開とするもの、「匿名報道」は情報提供者の名前を伏せて発言内容だけを公表するものです。

「アフレコ」と言葉がとても似ているのですが、「アフレコ」は映画やTVで撮影したあとに声や音を録音することを言いますので全く違う意味合いになります。
ご注意ください。

オフレコの語源

なにかの略だということは何となく分かるかと思いますが、「オフレコ」は英語の「off the record(オフ・ザ・レコード)」を省略した言い回しです。
「record」は記録という意味なので、記録しないという意味になります。

オフレコの使用例

  • これから話すことはオフレコでお願いします。
  • オフレコでの発言だったのに、一部公表されてしまった。

オフレコの反対語

オフレコは皆さん比較的聞いたことのある言葉だったと思うのですが、反対語があることをご存知でしたか?
そのままなのですが、「on record」オンレコと言うそうです。
言葉の意味としてはオフレコの逆で、公表・報道することを前提に話すこと。公表しても差し支えないことを言い、主に記者会見等に用いられるそうです。

関連のある業界用語

 
▲ページトップへ