モバイルメニュー開お問い合わせ・お見積り
風船
お気軽にご相談ください!TEL:0120-961-073(受付時間 平日 9:00~18:00)土日・時間外はこちら080-3673-0417
 
日本全国のイベントにパフォーマーを派遣します!

よくある質問・用語集

のこぎり演奏

のこぎり演奏とは英名:ミュージックソーと呼ばれ、体鳴楽器のひとつとして世界中に愛好家がいます。
西洋鋸によく似ているが、刃は付いていないか、付いていても目立てされていないので切断に用いることはできません。

一般的な奏法は以下のようになります。
・奏者はイスに腰をかけて鋸のハンドル部分を両膝ではさみ右手もしくは左手で台形をした鉄板部分の先端をつまむ
・このとき刃の付いている楽器ではそれを自分の方にむけておく
・空いた手に撥(マレット)またはヴァイオリン等の弓を持つ
・鉄板部分を持った指に力を入れて鉄板をたわませ、S字カーブを描くよう曲げる
・このときS字の下方の半円部分の天辺あたりがもっとも音の出るポイントとなる。
・撥で演奏する場合には鋸の平面部分を叩く
・弓で演奏する場合には鋸の背(つるつるしている面)を一弦のチェロのようにこする
・ このときS字をホールドしたままで鋸の角度を変えると音の高さが自在に変化する。
・ハンドル部分を挟んだ膝を震わせると音にヴィブラートがかかり音が伸びる。膝をゆらさず刃先をつまんだ腕を震わせても同様の効果がある。

なお、切断用の鋸を用いて演奏することもできるが音域が狭く鉄板部分も固いので扱いが難しいとされています。

のこぎりから出る音色とは思えないほどの甘い音色は衝撃的で、来られたお客様に喜んでもらえること間違いありません。
珍しいのこぎり演奏は興味のある人が多く、お子様やお年寄りの方には特にお勧めのパフォーマンスです。

特殊ミュージシャン出張派遣ページ

よく見られている質問 TOP10 よく見られている質問 TOP10

直接お問い合わせする

こちらの「よくある質問」をお読みいただいても
ご不明な点がある場合や、疑問が解消されなかった場合は、
どうぞお気軽にお問い合わせください。

直接お問い合わせする 直接お問い合わせする

あなたはいくつ分かる!?業界用語大全

イベント業界・芸能界で
使われるいわゆる「業界用語」
あなたはいくつわかるでしょうか?

楽屋などのケータリングってなんですか?

正解はこちら

業界用語一覧を見る 業界用語一覧を見る

 
▲ページトップへ